NKB-長政活性化推進委員会-

私たちはもっと心のかよう長政にしたい 長政の宝物、文化、伝統、技を継承、育成していくことを目標としています。

NKBからのお知らせ

竹肥料を施肥した竹の子は太い?

 以前竹肥料を施肥した竹の子は今までで一番太いです。
 2012年と2014に竹肥料を施肥した竹林の竹の子が他竹林に比べ、右写真のように全然太さが違います。今までに無い太さです。ただし、竹肥料を施肥した竹の子がすべて太いわけではありません。今年の長政の竹の子は全体的に細いですが、竹肥料の抜群の効果がでる竹林とそうでない竹林があるのでしょうか?

2020年春、竹の子が出ました。

 2020年4月7日、以前竹肥料を施肥した竹林に竹の子がでました。
 いまだかつて経験の無い積雪の無い冬が終わり、また、コロナウィルスで世界がこれもまた経験した事ない中、竹の子が出ました。まだまだ朝、夜冷え込み、喜んで春を迎える気分にならない今日この頃、竹の子の成長に希望と期待を込めます。

注目 長政の大切な”宝の樹木 キンモクセイ”が樹木医の方に診断を受けました。

秋のわずかな間、とてもいい香りを漂わせてくれる樹齢約200年のキンモクセイ。根元に以前から気になる裂け目があり、叩いてみると空洞の音がします。これからも長く私たちを癒してもらうためにも樹木の方に診断して頂くことにしました

 詳しくは、 ”NKBとは”-> ”NKBの活動”-> ”その他の活動”をご覧ください。

2019年長政まつり 子ども台輪と竹灯ろうを行ないました。

 詳しくは、 ”NKBとは”-> ”NKBの活動”-> ”その他の活動”をご覧ください。

2019年新春 餅つき大会を行ないました。

今回の餅つき大会は平成最後もあり、参加者の方から新しい元号の”案”をあげて頂き、その気持ちを込めて餅をついて頂きました。いくつかの案の中で、今回初参加の高校生がつくってくれたとても印象的な”元号”をご紹介します。 それは、手繋(しゅけい・・手を繋ぐ)です。”心のもっとかよう長政にしたい”というNKB発足のモットーにもふさわしいとてもいい元号ですね。

 詳しくは、 ”NKBとは”-> ”NKBの活動”-> ”その他の活動”をご覧ください。

2018年長政まつり 子ども台輪と竹灯ろうを行ないました。

 詳しくは、 ”NKBとは”-> ”NKBの活動”-> ”その他の活動”をご覧ください。

2018年春、竹の子が出ました。

 2018年4月15日、竹肥料を施肥した竹林に竹の子がでました。
 三寒四温の今日この頃、今年は昨年に比べ一週間早い竹の子です。これからの成長はどうでしょうか。また楽しみの季節となりました。

2018年新春 餅つき大会を行ないました。

 詳しくは、 ”NKBとは”-> ”NKBの活動”-> ”その他の活動”をご覧ください。
竹の子の里づくりボランティア募集 竹肥料リンク集 あらかわ地区まちづくり協議会 里山クリーン新潟